新人・薄氏が初当選 西会津町長選 – 福島民友



任期満了に伴う西会津町長選は9日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人で元副町長の薄友喜氏(69)が無所属現職の伊藤勝氏(67)、無所属新人で元町経済振興課長の斎藤久氏(68)を破り、初当選した。任期は8月5日から4年。

薄氏は人口減対策として子育て支援の強化などを訴え、支持を拡大した。

投票率は87.02%で前回を0.58ポイント上回った。当日有権者数は5741人(男性2781人、女性2960人)。

当選証書付与式は10日に町役場で行われる。


〇うすき友喜はこんな人

昭和23年西会津町新郷に生まれる。現在65歳
喜多方商業高等学校を卒業後、昭和42年西会津町役場に奉職
平成7年4月農林課長に就任…「ミネラル栽培」を奨励
その後、企画調整課長…統合中学校の計画と建築、町民バスの運行、よりっせの計画
     健康福祉課長…トータルケアの町づくり
     総務課長…行財政改革、まちづくり基本条例制定に参画
     平成20年4月から副町長(平成21年8月辞任)を歴任
     役場在職43年
現在、社会福祉法人にしあいづ福祉会理事長、町ボランティアサポートセンター副会長
     NPO法人国際芸術村理事、 NPO法人The Stage of未来会員




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す