富岡町長選で現職再選、福島 原発事故の避難指示、今春解除



東京電力福島第1原発事故の避難指示が4月に大部分で解除された福島県富岡町で、任期満了に伴う町長選が30日に投開票された。無所属の現職宮本皓一氏(70)が、無所属の新人の前町議山本育男氏(58)を破り、再選を果たした。

投票率は52・02%で過去最低だった。得票数は宮本氏が3025票、山本氏が2801票。

富岡町では4月1日、放射線量が高い帰還困難区域を除き避難指示が解除された。町の復興に向けて町政を継続するのか刷新するのかが争点だった。


宮本皓一(みやもと こういち)は、福島県富岡町の人物。

1947年生まれ。建設業などを経て、富岡町議会議員を四期務める。富岡町議会議長の後、2013年の富岡町長選挙に出馬し当選。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す