八幡平市長選 現職・田村氏が4選



八幡平市長選 現職・田村氏が4選 – ニュースエコー 岩手放送

2017年09月24日 21:15 更新

任期満了に伴う八幡平市長選挙は、現職の田村正彦氏が4回目の当選を果たしました。

開票結果です。田村正彦、当選8661票、工藤直道7100票。現職の田村氏が新人の工藤氏に、1500票余りの差をつけ4回目の当選を果たしました。投票率は選挙戦となった8年前を、8.51ポイント下回る68.87パーセントでした。田村氏は八幡平市平舘出身の69歳。県議を経て2005年、合併で誕生した八幡平市の初代市長に就任し、3期連続で市長を務めてきました。12年の実績を訴えた田村氏が4度目の当選です。


田村正彦 (たむらまさひこ)
生年月日 昭和23年2月5日(岩手県八幡平市平舘出身)
昭和41年3月 岩手県立盛岡工業高等学校卒業
昭和45年3月 駒澤大学経済学部経済学科卒業
昭和45年4月 岩手県農業共済組合連合会就職
平成元年9月 岩手県農業共済組合連合会を退職し西根町議会議員に当選
平成5年9月 西根町議会議員に再選
平成7年4月 西根町議会議員を辞職。岩手県議会議員に当選
平成11年4月 岩手県議会議員に再選
平成15年5月 岩手県監査委員
平成17年9月 3町村(西根町・松尾村・安代町)が合併し、八幡平市が誕生
平成17年10月 岩手県議会議員を辞職。初代八幡平市長に当選
平成21年10月 八幡平市長に再選
平成25年10月 八幡平市長に三選。現在に至る。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す