供託金の金額



【供託金】

公職選挙の候補者が立候補の届け出に際し、法令の規定によって寄託しなければならない金銭。一定得票数に達しないときは没収される。



選挙の種類 供託金の金額 供託金没収点
衆院選(選挙区) 300万円 有効投票総数の10分の1
衆院選(比例区) 名簿単独登載者数×600万円
+重複立候補者数×300万円
(注1)
参院選(選挙区) 300万円 有効投票総数と議員定数(注2)の商の8分の1
参院選(比例区) 名簿登載者数×600万円 (注3)
都道府県知事選挙 300万円 有効投票総数の10分の1
市長選挙(政令指定都市) 240万円
市区長選挙 100万円
町村長選挙 50万円
都道府県議会議員選挙 60万円 有効投票総数と議員定数(注2)の商の10分の1
市議会議員選挙(政令指定都市) 50万円
市区議会議員選挙 30万円
町村議会議員選挙 (供託金は不要)

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す