石垣2市議を逮捕 沖縄県警、中山市長脅迫疑い



沖縄・石垣市長を脅迫 容疑の市議ら逮捕、ゴルフ場建設巡り

2017/9/21 22:48

市議会本会議終了後、県警捜査員の任意同行に応じて車に乗り込む今村重治市議(左・21日午後4時26分撮影)と、伊良皆高信市議(同午後4時38分撮影)

沖縄県石垣市が所有する土地をゴルフ場建設のために貸し出すよう中山義隆市長(50)を脅したとして同県警は21日、いずれも石垣市議の今村重治(64)と伊良皆高信(57)の両容疑者ら、同市在住の男4人を職務強要の疑いで逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

ほかに逮捕されたのは一般社団法人「石垣島ハイビスカスゴルフカントリー」役員の押川吉男(77)と、農業生産法人「やえやまファーム」代表取締役の宮谷茂(64)の両容疑者。

4人の逮捕容疑は共謀して昨年1月26日から同5月11日にかけて、中山市長に対し、石垣市役所の市長室で「名誉に危害を加える」といった趣旨の脅しを掛けるなどして、市の土地をゴルフ場用地として貸すよう強要した疑い。

県警によると、今村、伊良皆両容疑者は、同カントリーの役員を兼務。宮谷容疑者は、建設予定地の一部を農業生産法人名義で所有していた。

中山市長からの相談を受け、県警が昨年から捜査していた。[共同]




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す