党首収入 安倍首相が最多の1億4646万円



総務省などが公表した去年1年分の政治資金収支報告書をもとに、各政党の党首の収入をNHKが集計した結果、最も多かったのは安倍総理大臣の1億4646万円でした。

NHKは、総務省や都道府県の選挙管理委員会が公表した、去年1年分の政治資金収支報告書をもとに、各政党の党首の収入について、国会議員の場合は資金管理団体とみずからが代表を務める主な政党支部の収入を、国会議員以外は資金管理団体の収入を、それぞれ集計しました。

それによりますと、自民党総裁の安倍総理大臣が最も収入が多く1億4646万円でした。これは、おととしに比べて122万円増えています。

一方、民進党の大塚代表は3626万円。立憲民主党の枝野代表は2722万円。公明党の山口代表は962万円。希望の党の玉木代表は5467万円。共産党の志位委員長は資金管理団体も党の支部もありません。日本維新の会代表の大阪府の松井知事は1万円。自由党の小沢代表は4749万円。社民党の吉田党首は936万円となっています。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す