防衛相 地上配備型の迎撃ミサイル導入で補正予算計上へ



小野寺防衛大臣は、北朝鮮による弾道ミサイル攻撃などに対応するため、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基を導入するとして、必要な経費を今年度の補正予算案に計上する方針を明らかにしました。

これは、小野寺防衛大臣が、8日夕方開かれた自民党の防衛大臣経験者らの会合で明らかにしました。

この中で、小野寺大臣は、北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させていることを踏まえ、弾道ミサイル攻撃などに対応するため、アメリカ製の地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基を導入するとして、必要な経費を今年度の補正予算案に計上する方針を説明しました。

防衛省は、今年度の補正予算案に、アメリカから技術支援を受ける費用など28億円を、来年度予算案には調査費や基本設計費を盛り込む方針で、日本全域をカバーするため、秋田市と山口県萩市の陸上自衛隊の演習場を配備先の候補地として検討しています。

政府は今月19日にもイージス・アショアの導入を閣議決定することにしていて、小野寺大臣は記者団に対し、「今後、北朝鮮がさらに弾道ミサイルの能力を高める可能性もあるので、万全の態勢を取るために導入したい。高度な装備を持つアメリカ側と協力を密にして対応していく」と述べました。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す