全国で最高齢町長が引退へ 香川 綾川町



現在88歳で、全国の知事や市町村長の中では、最高齢となる香川県綾川町の藤井賢町長が来年4月の任期満了に伴う町長選挙には立候補せず、今期限りで引退する意向を、8日開会した町議会で明らかにしました。

この中で、藤井町長は「30年余りの長きにわたり、町民や議会、それに職員の温かい支援と協力のもと町長を務めさせていただき感謝に堪えない。88歳という高齢で体力の衰えもあり、今期限りで町長を引退したい」と述べ、来年4月の任期満了に伴う町長選挙には立候補せず、今期限りで引退する意向を明らかにしました。

現在88歳の藤井町長は、全国の知事や市町村長の中で最高齢です。昭和62年から旧綾南町の町長を5期務め、平成18年に合併後の綾川町の町長となり、現在3期目で合わせて30年に渡り町長を務めてきました。

藤井町長をめぐっては、通院や墓参りの際に公用車を使用していたことがことし5月、問題化し、町長側は、高齢を理由に3年ほど前から安全に配慮して車の運転をやめており、「公務と健康を両立させるため、やむをえず公用車を使うことがあった」と説明していました。

綾川町によりますと、5月以降は、通院などに公用車を使用せず、家族が送り迎えを行っているということです。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す