小池都知事 都議会公明党には政策ごとに協力求める



希望の党の代表を辞任した東京都の小池知事は、これまで連携してきた都議会公明党が関係の見直しも含めて検討する考えを示したことについて、「これまでもある意味、是々非々でご賛同いただいてきたと理解している」と述べ、都議会公明党に対し、政策ごとでの協力を求めていく考えを示しました。

ことし7月の東京都議会議員選挙などで小池知事と連携してきた都議会公明党の東村邦浩幹事長は、NHKの取材に対し、小池知事が国政に進出したことで都政運営に専念するという約束をほごにされたとして、「知事与党ではなく、一線を画し是々非々で判断する」と述べ、関係の見直しも含めて検討する考えを明らかにしました。

これについて小池知事は、都内で記者団に対し、「これまでもある意味、是々非々で、都民ファーストの政策ならばご賛同いただいてきたと理解している。これからも都民を第一に考えた政策をしっかり築いていきたい」と述べ、都議会公明党に対し、政策ごとでの協力を求めていく考えを示しました。

また小池知事は、今後の希望の党との関わりについて「私自身の位置づけは新しい執行部にお任せしているが、国際金融都市一つを取っても、国レベルの連携が必要になり、そういった発信を国会議員にしてもらいたい。またオリンピック・パラリンピックもオールジャパン態勢ができるよう後押ししてもらいたい」と述べました。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す