自公 与党の質問時間増やす方向で委員会ごとに協議の方針



自民・公明両党の幹事長らが会談し、衆議院の委員会での質問時間は国会議員の数に応じて配分するのが基本だとして、与党側の質問時間を現状よりも増やす方向で、委員会ごとに審議の内容なども考慮しながら野党側と協議していく方針を確認しました。

会談には、自民党と公明党の幹事長や国会対策委員長らが出席し、与野党で駆け引きが続いている衆議院の委員会での質問時間の配分をめぐって協議しました。

その結果、衆議院の先例集にあるように、国会議員の数に応じて配分するのが基本だとして、与党側の質問時間を現状よりも増やすことが必要だという認識で一致しました。そのうえで、それぞれの委員会で、審議の内容なども考慮しながら、野党側と質問時間の配分を協議していく方針を確認しました。

会談の後、自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、「国会には先例があり、基本を大事にしていかなければならないという考え方を共有できた。その時、その時、それぞれの委員会で、どういう内容の審議をするかで、与野党の配分は決めていくべきだ」と述べました。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す