維新片山氏が差別用語使用 国会の例えに、批判も



 日本維新の会の片山虎之助共同代表は8日の党会合で、国会に関し、被差別部落を意味する言葉で例えた。すぐに言い直したが、人権意識に欠けた発言として批判も出そうだ。

 片山氏は、維新独自で多数の議員立法を特別国会に提出しながら、いずれも審議入りしなかった現状を巡り「やり方を考えないといけない。本数でなく中身を絞って、どこかの党と取引しないと。国会はそういうところなんですね。特殊部落ですから」と述べた。

 続けて「部落という言葉は良くないけど」と語った。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す