日本維新:地方議員年金に反対 松井氏「優遇でしかない」




 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は8日、自民、公明両党が廃止された地方議員年金を事実上復活させる法改正を目指していることについて「政治家の厚遇・優遇でしかない」と批判し、反対する意向を強調した。地方議員のなり手不足の解消策との考え方には「すり替えだ。公職選挙法を改正し議員の居住要件をなくせば(間口が広がり)参加しようとする人はいる」と述べた。大阪市内で記者団に語った。

 自民案は、地方議員を地方公務員共済組合法上の「職員」とみなし厚生年金を受給できるようにする。保険料は自治体と議員が折半する。【念佛明奈】





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す