こども保険「教育国債より評価に足る」 麻生財務相



 自民党の若手議員らが創設を提言した「こども保険」について、麻生太郎財務相は31日の閣議後会見で「教育国債より保険の方がよほど評価に足る。国債よりよほど建設的だ」と述べた。こども保険は、社会保険料に上乗せする形で教育無償化の財源を確保するもの。教育に使い道を限定する「教育国債」の案もあるが、麻生氏は「教育国債は自分たちの世代では払わず、将来にツケを回すみたいな話」と批判。「教育は将来への投資という意味で重要。拡大しなければいけないが、財源は安定的なものでないといけない」と語った。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す