自民・森山国対委員長、質問時間の配分見直しに意欲



自民党の森山国会対策委員長は地元での講演で、今月22日召集の通常国会で与野党の質問時間の配分を見直すことにあらためて意欲を示しました。

「与党として少数野党に配慮しなければならないことはよく分かります。しかし配慮にも限度があると思います」(森山裕 国対委員長)

森山氏は衆議院予算委員会の質問時間の配分が与党2、野党8とすることが慣例となっていることについて、野党側の一方的な話だけを国民に聞かせてはならないとして、「是正すべきは是正することが大事だ」と強調。去年の特別国会で争点となった与野党の質問時間の配分見直しについてあらためて意欲を見せました。

また、通常国会で審議予定の働き方改革関連法案などを念頭に、与野党が対立する法案についても、「結論を出す国会にしなければいけない」と訴えました。(13日23:22)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す