農林漁業強化プラン改定=水産分野の改革指示-安倍首相



No image

農林水産業・地域の活力創造本部の会合で発言する安倍晋三首相(左から2人目)。左端は斎藤健農林水産相=8日午前、首相官邸

政府は8日、農林水産業・地域の活力創造本部(本部長・安倍晋三首相)の会合を開き、農林漁業の強化プランを改定した。水産業や卸売市場の改革方針などを追加した。安倍首相は会合で水産業に関し、来年夏をめどに抜本的な改革案をまとめるよう指示した。

農林漁業の強化プランは2013年12月に策定され、今回の改定は3回目。農林水産省や自民党などが議論していた養殖・沿岸漁業者に与えられている漁業権の在り方をめぐる問題について、個人や企業が参入しやすい仕組みを検討する方針が明記された。民間企業にも中央卸売市場の開設を認める規制緩和の実施も盛り込まれた。(2017/12/08-13:12)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す