「エルサレム首都」黙認するな=志位氏



共産党の志位和夫委員長は8日の党会合で、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことについて「英仏独も含め世界中が批判の声を上げているのに、日本政府だけが一言の批判も言わないのはどういうことだ。トランプ氏のすることがどんなに無法であっても、批判しないのが安倍晋三首相の方針なのか」と述べ、黙認してはならないとの考えを強調した。(2017/12/08-15:04)


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す