設置審、4条件審査せず=文科相「首相指示なし」-衆院委で加計審議



No image

衆院文部科学委員会で答弁する林芳正文部科学相=15日午前、国会内

衆院文部科学委員会は15日午前、学校法人「加計学園」の獣医学部新設が認可されたことを受け、林芳正文科相が出席して質疑を行った。加計学園の申請内容が、獣医学部新設に関して政府が定めた「既存の大学では対応困難」などの4条件をクリアしているかどうかについて、林氏は大学設置・学校法人審議会では審査していないと説明した。

希望の党の今井雅人氏が「(設置審でも)合致しているかどうかをしっかり審査するのは当然だ」と指摘したのに対し、林氏は「(内閣府による)国家戦略特区の認定を経て設置認可申請がなされている。設置審では特区構想との整合性について審査する役割を有していない」と認めた。

No image

衆院文部科学委員会で質問する立憲民主党の逢坂誠二氏=15日午前、国会内

立憲民主党の逢坂誠二氏も「4条件がクリアされたとは全く思えない。(特区指定に際し)どういう事実に基づき誰がどう判断したのか」と追及。長坂康正内閣府政務官は「4条件に異論がない中での議論だった」とあいまいな答弁に終始した。

同学園の加計孝太郎理事長と友人関係にある安倍晋三首相や首相の側近が、新設に関与した可能性があるかどうかも焦点。林氏は「首相から文科省に指示はなかったと承知している。あったとすればそれは適切ではないと認識している」と述べ、認可の正当性を強調した。文科省の義本博司高等教育局長は、大学設置認可の仕組みが「外部からの意向が及ぶものではない」と断じた。自民党の義家弘介氏らへの答弁。

希望の山井和則氏は「国民は納得していない。(国会に)首相、加計理事長を呼び、幕引きでなくしっかり審議するべきだ」と求めた。(2017/11/15-12:31)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す