国原譜 – 奈良新聞



国原譜

現在位置:トップページ> 国原譜> 記事

2017年12月8日 奈良新聞

 自民党県連の会長に奥野信亮衆院議員(比例近畿)が就任した。4期目続投である。役員改選を協議した同県連総務会で全く異論がなかったという。

 会長任期中だった今夏の奈良市長選で党推薦候補が落選。県連選対本部長も兼務していた奥野氏の責任が問われ、関係者の声は「辞任やむなし」でほぼ一致していた。

 ところが、衆院選の県選挙区数が1減となるなどの改正公選法の施行を踏まえた公認候補調整問題が難航。突然の衆院解散・総選挙もあって役員改選は先送りとなった。

 衆院選の結果は自民党の大勝。県1区で元民進党の宿敵も破って3選挙区の議席を独占。比例近畿に回った奥野氏も特例の「奈良県枠」で悠々と5選を飾った。

 大方の予想通り奥野氏の会長続投となり、県連幹部は「勝つとこうなる。国政選挙で勝つことの評価は大きい」。奥野氏が課題に挙げたのは党員の増加と新人の育成だ。

 2年後の統一地方選(知事選、県議選)と参院選をにらむが、特に党県議の高齢化は目立つ。若返りと県連活性化、分裂している党県議団一本化などへの手腕が改めて問われる。(北)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】



最新ニュース

知事、去就明言せず – 来年度「集大成の予算」/県会代表質問[2017.12.08]

ランナー歓迎準備着々 – 奈良マラソンあす開幕写真付き記事[2017.12.08]

観光客も村民も気軽に – 東吉野の「小さな道の駅」完成写真付き記事[2017.12.08]

奈良に5月1日開院 – 「断らない救急」/新県総合医療センター写真付き記事[2017.12.08]

原動力は夢への挑戦 – 仕事の「心掛け」語る/生駒・緑ヶ丘中で「職業講演会」写真付き記事[2017.12.08]

「強く明るく生きる」 – 口で絵を描く香芝・岸本さん 母校で講演写真付き記事[2017.12.08]

1万9342人 健脚競う – 奈良マラソン2017写真付き記事[2017.12.08]

鹿も街も輝く古都 – 大宮通りライトアップ写真付き記事[2017.12.07]

さらに長期化の様相 – 移転時期決まらず/JR奈良駅南 奈良市区画整理事業[2017.12.07]

古代衣装でアピール – 藤原京遷都の12月6日/橿原市会で市長ら写真付き記事[2017.12.07]

おすすめサイト


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す