古謝氏と瑞慶覧氏届け出 南城市長選が告示 – 琉球新報



第一声で市政継続を訴える古謝景春候補=14日午前9時39分、南城市佐敷新開の選挙事務所前


第一声で市政刷新を訴える瑞慶覧長敏候補=14日午前8時56分ごろ、南城市大里高平の選挙事務所


 【南城】任期満了に伴う南城市長選挙が14日、告示された。午前11時現在、届け出順に、4期目を目指す古謝景春氏(62)=自民、公明、維新推薦=と、元衆院議員の瑞慶覧長敏氏(59)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=の2人が立候補を届け出ており、保守と革新の一騎打ちとなる見通しだ。投開票日は21日。

 14日午前、両候補は各後援会事務所で出発式を開いた。
 古謝氏は市佐敷新開での出発式で「12年、未来を見据えてやってきた」と実績をアピールし、市政継続を訴えた。
 瑞慶覧氏は市大里で開いた出発式で「市民が主役の南城市をつくっていきたい」と話し、市政刷新を掲げた。
 南城市では2010年以降、無投票が続いており、8年ぶりの選挙戦が展開される。【琉球新報社電子版】





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す