元副町長・千葉氏が出馬断念 金ケ崎町長選 – 岩手日報



 金ケ崎町の元副町長千葉政幸氏(68)=同町西根=は、任期満了に伴い来年2月27日告示、3月4日投開票の日程で行われる町長選で出馬を断念する意向を固めた。

 千葉氏は7日、岩手日報社の取材に対し「町政の変化を求める声を感じる。新人の間で政策に大きな違いがなく、票が割れれば現職に有利となる。断腸の思いで立候補をやめる」と語った。

 同町長選は4選を目指す現職の高橋由一氏(71)と新人で元町参事の高橋寛寿氏(62)が立候補を表明している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す