譲位日を閣議決定 宮内庁が皇室会議の議事概要公表 – 産経ニュース



 政府は8日午前の閣議で、天皇陛下の譲位日を平成31年4月30日と定める政令を決定した。翌5月1日に皇太子さまが即位される日程も正式に決まった。改元について、菅義偉官房長官は記者会見で「特段の事情が生じない限り31年5月1日を軸に検討していくことになる」と述べた。一方、宮内庁は、譲位日を同年4月30日とすることを決めた今月1日の皇室会議の議事概要を同庁ホームページで公表した。

 安倍晋三首相は閣僚懇談会で譲位に触れ「約200年ぶりのことであり、憲政史上で初めての事柄だ。今後、皇位継承に向けて準備が必要となることは多岐にわたる。国民がこぞって寿(ことほ)ぐ中で陛下のご退位、皇太子殿下のご即位がつつがなく行われるよう万全を期していきたい」と語り、閣僚に協力を呼びかけた。

 一方、宮内庁が公表した議事概要によると、会議では、儀式の準備や組織の編成、予算確保、人材の確保・養成を万全に行うために「最低でも1年の期間が必要」との意見が出た。31年4月には統一地方選が実施されることから「そのような慌ただしい時期は避けることが望ましい」と、統一地方選後の譲位を推す意見もあった。

続きを読む




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す